オールインワンゲルとジェルの違いとは?どちらを買うべきか?

2019年9月18日

オールインワンゲル

オールインワン化粧品を買おうとした際に、

オールインワンゲルとオールインワンジェルの違いって何?どちらを買えば良いんだろう?」と悩んでいる方って、結構いらっしゃるんではないでしょうか。

かく言う私も、ゲルとジェルの違いが分からず、色々調べたことがあります。

今回は、ゲルとジェルの違いどちらを買うべきかについてまとめようと思います。

ゲルとジェルは何が違うの?

元々は発音が違うだけ!?

「Gel」と発音する際、ドイツ語では「ゲル」英語では「ジェル」となるそうです。

元々はどちらも同じ意味であり、明確な定義の違いはありません

では、「ゲル」と「ジェル」はどのように使い分けられるのでしょうか?

主に、含有される水分量が異なる(メーカーに依存する)

元々明確な定義の違いが無いので、商品名にどちらの名前を記載するかはメーカーの判断になりますが、

  • 油分が多く、しっとりしている場合は「ゲル
  • 水分量が多く、さっぱりしている場合は「ジェル

となるようです。

メーカーによって基準は異なりますが、水分量の違いがあると考えれば良いと思います。

以上のことを踏まえると、

ゲルは油分が多いので、お肌を乾燥から守る保湿の役割が大きく

ジェルは水分量が多いので、お肌に水分を与える役割を担う部分が大きいと言えます。

ゲルとジェル、どちらを買うべきか?

ゲルとジェルの違いは分かったけど、ではどちらを買えば良いのでしょうか?

一言で言ってしまえば、「オールインワン化粧品に何を求めるか」によって異なります。

使用感を重要視する場合

ジェルは水分が多いため、みずみずしく、さっぱりとした使い心地です。

ゲルは油分が多いので、しっとりとした使い心地です。

化粧品に使用感を求める場合は、ゲルとジェルの違いを意識した上で商品を選ばれると良いと思います。

ゲルとジェルの違いにとらわれること無かれ

「ゲル」と「ジェル」の違いについて記載しましたが、どちらもオールインワン化粧品ですので、基本的な機能は同じです。

使用感を重要視しない場合は、その二つの違いよりも、

その商品の成分や効果・効能を重要視することをおすすめします。

「ゲル」と「ジェル」の違いはあくまでも補足的な情報と捉えて、「どちらにするかどうしても決められない!」という場合に、思い出すくらいがちょうど良いと思います。

まとめ

オールインワン化粧品に用いられる「ゲル」と「ジェル」の違いについてまとめてみました。

使用感を求める場合は「ゲル」と「ジェル」の違いが重要だと思いますが、

使用感を求めない場合は、二つの違いよりも、効果・効能を重要視することをおすすめします。